別冊イチカレイカ

かぼちゃおいしい

もはや日記ではない


人の何気ないエントリを読むのとてもおもしろいので私もそういうものが書きたいと思うのだけどいつもいつも上手くいかず途中で諦めてしまう。人の何気ない写真もおもしろいと思うのだが自分の写真の並びは掃き溜めにしか見えない。上はオフィスの近くの桜で電柱との混ざり具合がとても好きなのだがただの残念画像になっている。ただこれは多分Arcで撮ったというのが八割方悪いのだと思う。丸く光る街灯を見ると祖母が「きれいな月ね」と言って眺めていたことを思い出す。