別冊イチカレイカ

いいぞ、その調子だ

奇術に寄す記述

 ここで書きたいのは私がどれだけ衝撃を受け、どれだけありがたく思っているかということであって、作品の紹介ではない。もうずっと何か言いたくてしかたなくて、でもうまくまとまらなくて、けれどももう今しかないだろと書き始め、それでもここまで二ヶ月かかった。
 私にとってのマンガは、まず怪盗セイント・テール立川恵)から始まる。厳密に言うなら美少女戦士セーラームーンなのだろうが、あの作品は出会ったときすでにアニメ化されており、当時の私には全貌を掌握しきれない巨大な何かであったため少し異質だ。その点Stテールは連載開始をなかよし本誌で目撃したこともあり、一つの作品に執着するということを初めて経験したという意味で、より思い出深い。全サがあればStテールを選び、番外編が載ればるんるんも買った。21話は多分私が出会った初めての萌えだし、ソファの隙間に埋まって何度も何度も読み返していたのを今でも覚えている。真似して絵を描いたマンガは後にも先にもこれだけだ(数回で向いてないと悟ってやめた)。立川さんの作品は、Stテールの次に連載された夢幻伝説タカマガハラも同じくらい思い入れがあり、やっぱり21話は覚えるほど読んだ。今思うとタカマガハラの主人公を取り巻く五人はかなり恋シュミっぽい設定配分で、彼らには多大な影響を受けている気がする。だいぶ後になってからだが、番外編的な個人誌も買った。
 次にHUNTER×HUNTER冨樫義博)があって、週刊少年ジャンプがあった。HxHは少女マンガに飽き始めていた私に異なるマンガの世界を見せつけ、またオタク側に突き落としもした、すべての要因と言っても過言ではない作品だ。考察と休載の概念を教えてくれたのはHxHだった。コミックスと本誌を追うのはもちろん、感想サイトを巡りアニメを録画しラジオを聞いてCDを買った。田舎がつらかった。それぐらい衝撃的なおもしろさだった。そしてそれが今も続いているのだから、本当にマジで頼むからどうか最後までお願いしますお願いしますお願いします……。今も続く長いジャンプ時代はこうして始まった。
 それから数年、当時のメジャーどころを渡り歩くも、HxHほどのクリティカルヒットは出なかった。そんなものなのだろうかと思っていたある日、ふと思いついて買ったのがレベルEだ。HxHも幽白も読んだけど、これはまだだな、しかも全三巻じゃん。地元の本屋の棚の中、いかにも長い間ここにいますというそれをまとめて連れ帰った。結果、完全にセカンドインパクト。なんで今まで買わなかったんだ。同じ作者に二度も壁を壊されるなんて思ってもみなかった。なるほどこういうのもアリですね、マンガすごい、マンガおもしろい、おめでとう、おめでとう、やっとわかった、私はこういうのが読みたかったのか。このときから、好きなマンガを聞かれたら、レベルEと答え続けている。
 その後も様々手を出しつつも、心穏やかな、逆に言えば驚きのない日々を何年か過ごしていた。だがしかし、事件はまたしても本屋で起きる。いつの頃からか販促として多く用いられ出した、試読見本。今でもあればあるだけ読むが、その場で購入即決は現状この作品だけ。それがファンタジウム杉本亜未)、今日の本題。この作品もHxH同様、次巻正座待機してたら脚の感覚なくなる系なのだが、こちらは先日めでたく最終巻となる九巻が出た(冒頭の今しかないはこのことだ)。ちなみに八巻が出たときは公式? ご本人? に補足されてヒッてなった。出会ったときには三巻まで出ていたのだが、その時点で話の丁寧さ、それによりもたらされる圧倒的な安定感に打ちのめされた。九巻まで読み終わり、やっと起き上がって、これを書いている。派手さはない、けれど、どこをすくっても人が生きている。主人公を起点に、人と人とが関わり、変化し、日々が続く。アニメーションでは静かすぎる、小説では重すぎる、この世界とこの空気は、マンガ以外では実現しえなかった。絶妙なバランスの上に成り立つ、濃い作品だ。
 杉本さんについては、震えながら四巻を待っているときに、ちょっと別のも読むぞと思って調べて、なんかもうアッJUNEアッハイみたいな感じで買ったのが独裁者グラナダ。いやあ死ぬかと思った。表題作とBirthdayの二編収録でどちらも素晴らしいのだが、特にBirthdayはもうあっ、これ、これですだった。そしてさらにある日、偶然読む機会を得たちょい古めのマンガ一山の中に、空のアンテナ(1997年の方)があった。読んだ。死ぬかと思った(二回目)。もうこれ運命だろ。もちろんその後2010年に出た方を自分用に入手した。これだけの充実感を与えてくれる作家は一体世の中にあと何人存在して、私は死ぬまでにそのすべてを見つけ出して読むことができるのだろうか。そんな心配をするほどだった。なおこれを書きながら97年版と春やきぬらんを中古でぽちっている。覚悟が決まったのでANIMAL Xも今日大人買いしてこようと思う。アマイタマシイまで読んだら、ファンレターというものを書いてみたい。何を伝えればいいのか、全然、わからないけど。

病的な片付けと未使用のノート

掃除や片付けが得意だというと羨ましがられることが多いが、私のそれは単に所有に対する恐怖からきているのでどうしようもない。同様の理由で物欲も、物事に対する執着も弱い。具体例を挙げると、アニメの録画データが飛んでも、多分平気だ。あ、いや、未視聴のプリキュアがあったら、それはちょっとダメかもしれない。
小さい頃は、それはもう様々な物にストーリーを与え、上下をつけ、管理し、保持しようとしていた。けれどそれにはかなりのリソースが必要だと分かり、そして自分はそれはないと悟ったとき、目が届かなくなり何かが欠けるいらだちに負けた。中学の頃だった。
所有物とはすなわちエネルギーだ。もちろん資産的側面もあるが、もっと根源的な、生きる力のようなものだ。物が多量にある状態を好む人は、生命力が強い気がする。私の原動力の大半は片付けたいという欲求だが、これは突き詰めれば自分を片付けてしまいたいということで、緩やかな自殺願望だ。想像力がなく、クリエイティビティと縁がない原因はここにあると思っている。
生活必需品のストックすら二つ以上買い置くことができない中で、ノートだけは無駄に溜めている。常に使う、使用後の処分が簡単、あまり嵩張らない、値の張るものでもそこまで高くない、などの理由によって、私が衝動買いを全面的に開放している唯一の物だ。私の執着の残骸と言うべき、かわいそうなコレクションだ。

ここがかわいい

前田藤四郎(刀剣乱舞)のボイス(ここまでタイトル)


・入手「前田藤四郎と申します。末永くお仕えします」
最後ののしますがかわいい、申しますのすと違って最後のすが消えていく感じじゃなくてはっきりしてるのがいい。
・刀帳「前田藤四郎と申します。藤四郎の眷属の末席に座するものです。大きな武勲はありませんが、末永くお仕えします」
ありませんが、のあとのタメ具合がたまらん。ちょっと目線を外しかけたのをぐっと見つめ直す感じがする。
・装備「いかがでしょうか」
かがのあたり、不安さと晴れがましさの同居。装備して調整してこちらを見る一連の動きが想像に難くない。
・出陣「行きますよ」
ますよがいい。静かで緊張感があって闘志を感じる。
・軽傷「目が覚めました」
目がの放り出すような雑さがい。負けず嫌いぽさ最高。
・畑「ここは良い土ですね」
ここはのあとの間に真面目さと作業に対する愛がある。
・本丸「お加減はいかがですか?」
出だしのおが素晴らしい、伺うような表情が見える。
・万屋「お供させていただきます」
お供のともが嬉しそうすぎる。その言葉が聞けるなら主君引きこもりやめる。
・放置「おやすみなら、床を整えましょうか?」
主君やっぱ家にいていい?

カレンダーの作り方

原作に出てくる日付情報を全てピックアップする。大会開始時の看板描写、カレンダーや予定表が出てくるコマはもちろん、携帯の画面が描かれているコマも見逃せない。
ピックアップできた情報を時系列に並べる。このとき曜日が食い違う場合があるが気にしてはいけない。主要イベントを優先するなどしてカレンダーを確定させてしまう。誕生日が何曜日かわかって捗る。
三次元の大会日程を調べる。高体連、当該県の当該協会、高校クラブ大会情報のサイトが神になる瞬間である。この作業により原作に描かれていない試合の日程もほぼ把握することができる。どうしても辻褄のあわないシーンが発生することもあるが、そこをなんとかするのはこちらの仕事である。
モデルになりそうな高校の年間行事予定を調べる。入学式、卒業式、長期休業、考査、壮行会、文化祭、修学旅行などの日程を落とし込んでいく。学校のタイプが違う場合、自分の記憶は当てにしないこと。
なお類似の作業として、地図の作成がある。両者ともに終わるともう、ただ会ったことがないだけ、という感覚になるのでオススメだ。

私を幸せにした三つの贅沢

1. 食卓塩を捨てる
味がない。多分これで充分な場面もあるんだろうけど、塩の味が直接するぜぐらい雑な自炊しかしない人にはつらいものがある。天塩買う。

2. 固形石鹸の最後を諦める
だるい。折れるレベルになったらさくっと捨てて新しいのおろす。

3. クイックルワイパーのドライシートのパチモンを買わない
百均のやつ全然とれない! ばか!!

アダージョ

普通の家の冷蔵庫にロブスターは入ってないっていうのは水無月家じゃあるまいし当たり前で、例えその辺のスーパーで買える同じようなものを使ったとしても、違う人が作れば別の味になるわけだし、同じ人が同じ材料で三回作ったところでいつも同じ味になることもないし、みんなが三つ星レストランを開きたいわけでもなし、つまりこれは自炊であって、まあ他人に出すようなものじゃないんだけど、友だちが遊びに来てくれるならちょっと気合い入れてがんばっちゃうし、そのときには材料費だけもらったりするよね程度の話であって、何が言いたいのかというとイベ間は最低二ヶ月空けようってことです。

今年買ってよかったもの

なんかみんな色々買ってていいなーと思ったので今年の支出全部見直してみたけどそもそもそういう買物する余裕とかなかった。

プリキュア10周年公式アニバーサリーブック | 東映アニメーション Online Shop

96ページから始まるスタッフコメントにたどり着いたらそこから涙腺壊れっぱなしになるやつ。
ざっくりまとめると松本さんの男爵とオリヴィエひえええええええからの為我井さんのひかりいいいいいいいいいからの飯飼さんのシローとうららあああああああああ、です。
これが1000円とかマジ意味わかんない\Max Heart!/……10周年ありがとう&あいしてる……

ASMART | 13thライヴサーキット “ラヴ・E・メ トートバッグ/ALL TIME SINGLES ver.

チケ代だけで死にそうになる(懐の)小さなお友だちにも優しい恒例ツアーグッズであるところの500円バッグをこれに行ったときに買ったらかわいくてすごく良かった。
今回のはとにかく大きいので上をすぼめて丸っこい形に改造してる人がいたり、中にはスカートに作り替えてる強者とかもいて、素材提供という意味でもよく出来てた。私もあと2枚ぐらい欲しい。

やっぱり学ランが好き - LINE クリエイターズスタンプ

かわいすぎか。

CircleLauncher - Google Play の Android アプリ

アイコンが透明になるので壁紙を邪魔しない、設定も色々あって楽しい。

来年はせめて3000円ぐらいのものを紹介したい。